あなたは貯金できていますか?間違いだらけの食費節約術を見直そう♪

貯金をするには、まず「支出を抑えること」が重要ですよね。

その中でも、食費を抑えるのは比較的簡単に取り組めることなんです!

今回は、貯金を増やすための食費節約術をご紹介します。

食費節約術で貯金をアップ▶︎食費はいくらが理想なの?

食費を節約したいのであれば、まずは理想的な食費を把握することが大切!

食費の適正な額は、手取り収入の15%程度だと言われています。

よって、手取りが20万円の方の食費は、月3万円が目安となります。

家族の性別や人数によって変化しますが、大体の理想を把握しておくだけでも節約に繋がりますね♪

食費節約術で貯金をアップ▶︎食費をマネジメントしよう!

食費を節約して貯金を増やすためには、現状を把握して目標を立てることが大切です。

急に理想の食費に目標を設定しても、長続きはしません。

無駄なものを省くことで、目標へ近づけていくようにしましょう。

何が無駄なのかを知ることで、外食を控えたり、残り物を使ったアレンジをしたりと、少しずつ食費をコントロールできるようになるはずですよ♪

食費節約術で貯金をアップ▶︎具体策①旬の食材を買う

スーパーでの買い物の際は、旬の食材を選びましょう!

旬の食材は、栄養価が高く、価格は安いんです。

現在は、様々な食材が季節を問わず手に入る環境ですが、旬を意識することで自然と節約に繋がります。

旬かどうかは、野菜だけではなく、魚介類の価格にも大きく関係しています。

スーパーの広告で大きく取り上げられている商品は旬のものの可能性が高いので、参考にしましょう♪

食費節約術で貯金をアップ▶︎具体策②安物を買うよりも無駄を省くことを重視!

安いものをたくさん買ってストックしておいたら良さそう……と考えてしまいがちですが、これでは節約には繋がりません。

安い食材を買い込みすぎて、腐らせてしまったという経験はありませんか?

廃棄してしまったら、無駄な出費ですよね。

貯金も増やしたいのであれば、安物を大量に買い込むのではなく、買った食材を無駄にしないことを意識しましょう!

食費節約術で貯金をアップ▶︎具体策③普段食べない部位をおいしく調理!

食費を節約して貯金を増やすために、普段、あまり食べない部位を調理するのもおすすめです。

いつも捨ててしまっている食材に食べられる部分はないか、調べてみましょう。

例えば、大根の葉。捨ててしまいがちな部分ですが、緑黄色野菜に分類され、様々な栄養が含まれているんですよ♪

お味噌汁の具に使ったり、ご飯のお供や和え物にすれば無駄がありませんし、栄養もたっぷりとれます。

食費節約術で貯金をアップ▶︎具体策④残ったお金を貯金しよう!

食費を節約したことでお金が余ったら、無駄使いをしないことが大切!

余ったお金はすぐに貯金して、記帳を済ませましょう。

貯金額が増えたことを認識できれば、モチベーションがあがりますよ。

必要な時だけにお金を使うことができる習慣を身につけましょう♡
いかがでしたか?買い物の仕方ひとつで、お金も貯まりやすくなります♪

ぜひ参考にしてみてくださいね。

食費 節約 貯金

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる