夏は意外と冷えやすい!じんわり温める《ペットボトル温灸》のススメ

美容

女性に多く見られるお悩み“冷え性”。
寒い冬の時期に意識して身体を温める人は多いですが、気温の高い夏の時期には特に意識しない方も多いのでは?

しかし、暑い炎天下とクーラーで冷えた室内。その温度差に繰り返し晒されている身体は調整が上手くいかずに、体感的には暑いのに芯では冷えている。なんて現象が起きてしまうんです。
今回はそんな夏に起こりがちな夏冷えに効果的な、ペットボトルで行う温灸方法をご紹介!

夏は自律神経のバランスが乱れがち!

炎天下で活動していても、なかなか汗をかかない。
室内では足先などの末端が冷えている、肩凝りが酷い、浮腫みが酷い……

現在こんなお悩みをお持ちの方、もしかしたらその原因は、夏に起こりやすい冷房による冷えが原因かもしれません。猛暑の時期になると、室内と室外の気温差は10度位変わってきます。

その気温差を行き来する事で、身体は汗をかくべきか止めるべきかがわからなくなり、自律神経がパニックに陥ってしまうんです。

そんな自分の意識ではなかなかコントロールする事が難しい自律神経ですが、外側から刺激を与える事で上手なリズムに整わせることが出来るんです。その刺激を上手に与えられるのがペットボトルを使った温灸(^^)手軽に出来る、夏にはオススメの温灸です。

夏冷えに効果的なペットボトル温灸① やり方

まずは、ペットボトル温灸に使うペットボトルを用意します。オレンジ色のキャップが付いたホット飲料専用のペットボトルを用意しましょう(^^)

そのペットボトルに、1/3程水道水を加えたら、空いているスペースに沸騰したお湯を入れましょう。だいたいこれで70度〜80度程の適温になります。しっかり蓋を閉めたら完成!

このペットボトルを、後ほどご紹介するツボ部分に押し当て、熱く感じたら離して再び押し当てます。これを数回繰り返すだけでOKです。ツボ周辺のエリアをじんわり温め不調を整えてくれます。1日数回に分けて行うのがベストですよ。

夏冷えに効果的なペットボトル温灸② 毎日温めておきたいツボはこちら!

引用:onkyu.yakan-hiko.com

ペットボトル温灸は、続けて行う事で効果が出てきます。いつでもどこでも手軽に出来る温灸ですので、是非時間を見つけて実践してみてください♡

毎日温めるべきツボは、以下の4ポイント(^^)

①みぞおちの下あたり。
→胃腸の働きを整えたり、生理痛などにも効果的。夏は冷たい食べ物で、意外と冷えがちなツボです。

②首の後ろ。
→首を前に倒した際に、1番飛び出た骨の下あたりを温めて。

③仙骨。
→仙骨とは、お尻の穴の上にある骨。椅子に座っている時などでも良いですね。

④胸の谷間の真ん中。
→多くの血液が流れ出る大切な臓器、心臓。この付近にある壇中というツボを刺激する事が出来ます。

夏冷えに効果的なペットボトル温灸③ 寝る前に温めたいツボはこちら!

引用:www.therapylife.jp

基本のツボを日常的に温めたら、最後は寝る前にペットボトル温灸を活用しましょう(^^)

寝る前に、その日に溜まってしまった疲れや不調に効くツボを温めて刺激する事で、全身の流れを整え眠りやすくなる効果も期待出来ます。また足を温める事は、質の良い睡眠にも効果的。浮腫みの改善にもオススメです。

①膝の下部分。
→膝のお皿にある骨の下、外側にある窪み部分から指で4本分位下げた場所が「足三里」というツボ。こちらをゆっくり温めて。

②太ももの内側。
→膝から拳1個程上の、太もも部分を温めてあげましょう。「血海」という血流の流れが凝縮したツボがあります。

③くるぶしの上部分。
→最後は、足の内側にあるくるぶしから指4本分位上にある窪みにあるツボを温めましょう。「三陰交」と言って、疲れた胃腸を整えてくれるツボがあります。

いかがでしたか?
特に何かを購入してくる必要も無く、余ったペットボトルで手軽に行う事ができるペットボトル温灸。

今回ご紹介したツボに限らず、肩が凝っていると感じたら肩に当ててみたり、目が疲れていたら目の周りに当ててみたり。自分自身が心地よいと感じるポイントを温めてあげる事が大切(^^)
夏だからって身体を冷やしてばかりではダメ!夏こそしっかり身体を温めてあげることが、夏冷え不調を改善する為のポイントです!

今年の夏は、ペットボトル温灸。是非活用してみてください。