NYセレブ御用達!話題のパレオダイエットの真実とは?〈前編〉

Beauty

日本ではあまり知られていない食事方法である【パレオダイエット】。
米国発、特にNYではミーガン・フォックスやスカーレット・ヨハンソンなどのハリウッドセレブに愛されている食生活スタイルです。
ここでいう【ダイエット】は、いわゆる《痩せる》ためのダイエットいうよりは《食生活スタイル》という意味で捉えていただければと思います。
本当のパレオダイエットとは…?
その真実をお伝えします。

NYセレブに愛される食生活【パレオダイエット】は、遺伝子に合った食生活

「原始人食」とも言われているパレオダイエットですが、原始人と私たちの大きな違いは何でしょう?
それは、生活習慣。

特に食べるものに関しては大きく違います。
なのに、今話題になっているパレオダイエットがなぜ私たち現代人の体に適応しているのでしょうか?

それは、遺伝子が同じだからです。
私たちの体は、原始人以来、人間としての遺伝子は変わらないと言われています。
パレオダイエットとは、人間の本来の遺伝子に合った食生活なのです。

NYセレブに愛される食生活【パレオダイエット】パレオの歴史とは?

18世紀頃におこった農業革命によって、人間は飢餓から免れるための農業を始めました。
正確には1万年前ですが、パレオダイエットでは食べることのない《穀物》を作り出したのです。

今私たちが食べている穀物は、人間が自分たちを守るために作り出した食べ物なのです。
私たちが今食べているものは、18世紀以降、ここ200年の間に作られたものがほとんどです。

しかし、人間の歴史はそれよりはるかに長い400万年前から続いています。
パレオダイエットの食生活をしていたPaleolithic(旧石器時代)は、約250万年前のお話。
人間の長い歴史のうち、今の食生活はたったの200年の歴史しかないのです。

NYセレブに愛される食生活【パレオダイエット】原始人と現代人の生活習慣の違いとは?

原始人と現代人の大きな違いは生活習慣にあるとご説明しましたが、具体的にはどういったことでしょう?

自然しかない環境で生活していた原始人は、電気ももちろんないため太陽の光で生活していました。
太陽が昇れば目を覚まし、陽が沈めば眠ります。

しかし現代では便利な電気があるため、夜中でもパソコンをたたいて仕事をしていることも当たり前のように思われます。

原始人は、狩りをして食事をゲットしていたため、陽の光があるうちは獲物を狙って猛ダッシュ。
木に登ったり川を泳いだり、とにかく生きるために体を動かすことが当たり前だったはず。

しかし現代人は、電車・タクシー・バスなどの交通手段を使えば歩くことも少なく、デスクワークなどで座っている時間の方が長いのが当たり前です。
現代人は特別何かスポーツをしなければ、原始人に比べると明らかに運動不足なのです。

NYセレブに愛される食生活【パレオダイエット】で、本来の美と健康を手にいれる!

睡眠や運動といった生活習慣が原始人と大きく違う現代人の私たちの体には、じわじわとしわ寄せがきてしまうことはご想像いただけるかと思います。

人間本来の生活スタイルが原始人の生活スタイルであると考えて、それに近づいて本来の美と健康を手に入れるという考え方がパレオライフスタイルです。
その中でも大きな割合を占めている食生活が、パレオダイエットなのです。

パレオダイエットは、基本的には自然に還るスタイル、人間本来の遺伝子に合った食事方法に変えることで、人間本来が持っている素晴らしい美しさや健康的な人生そのものを手にいれるために行うものだと言えます。
食事だけではなくライフスタイルそのものをパレオに近づけるだけで、私たちはより美しく健康になれるのではないでしょうか。
後編ではもっと具体的に、そのメカニズムに迫ってみますのでお楽しみに!
後編はこちらです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。