仕上がりが見違える♪今さら聞けない“ポイントメイクの手順”とは

美容

女性にとって、欠かすことのできない“メイク”ですが、みなさんはどんな手順で行っていますか?きっと、毎日習慣づいている、独自の方法があるのではないでしょうか。

実は、ポイントメイクをする順番によって仕上がりが見違えることを、ご存知でしたか?そこで今回は、今さら聞けない、若々しく上品に見える“ポイントメイクの手順”をご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.02.07

仕上がりが見違える!ポイントメイクの手順①第一印象が決まる「目元」からスタート♡

顔を洗い、スキンケアでお肌の調子を整え、その後はベースメイクを施すところまでは、皆さん一緒ですよね。ここまでを済ませたら、いよいよポイントメイクのスタートです!

ポイントメイクを施す際には、まず「目元」から始めていきましょう。理由は、その人の印象を決める9割は目元、と言われているからです。メイクをする際に使用するコスメの数も、目元が一番多いですよね。

では、目元のメイクをする際には、一体どんな点に注意したら良いのでしょうか。若々しい印象を演出する際に欠かせない、下まぶたのアイシャドウ。明るい色をのせる時、鏡をまっすぐに見つめてアイシャドウを塗るのはNGですよ!

鏡をまっすぐに見つめた状態でアイシャドウを塗ると、シワの部分に色がのらず、目元のシワが目立った状態に仕上がってしまいます。

そうならないためにも、顔の少し上に鏡を持ってきて、見上げる状態で塗る方法がオススメです♡こうすることで下まぶた全体に均等に色がのり、表情筋が動いた時も綺麗に見えますよ。

仕上がりが見違える!ポイントメイクの手順②次は、眉を描こう♪

目元のメイクが完成すれば、眉を描きやすくなります。眉を描く前に、まずは専用ブラシでコーミングをしておきましょう。

ベースメイクを施した際に、ファンデーションが眉に付着している場合がありますよね。この状態のまま上に眉を描いてしまうと、仕上がりが厚化粧に見えてしまう可能性があるので、コーミングは欠かせません!

そして注意をしたいのは、アイブロウの色の選び方です。

アイブロウの色は、瞳と髪の毛の色の中間色が理想。あまり明るすぎる色を選んでしまうと、若作りをしているように見えてしまいますし、逆に濃い色を選んでしまうと、垢抜けない印象になってしまいます。

仕上がりが見違える!ポイントメイクの手順③リップメイクはトレンドを意識して♡

眉が仕上がったら、今度はリップメイクに取り掛かりましょう♪

グロスを塗って、ハイ終わり!というメイクは、大人の私たちは避けた方がベター。大人の女性は、口元に色味を足した方が若々しく、上品に見えます。

目元のメイクはナチュラルに仕上げたとしても、リップメイクでトレンドを取り入れれば、仕上がりが若々しい印象になります。

今注目されているのは、血色が豊かで、ふっくらしたリップ♡
このトレンドを取り入れるには、同じ系統の色の口紅を2色用意しておくと便利です!2色のうちの淡い方のカラーで大まかにリップラインを取り、濃い方のカラーを唇の中央に「ポンポン」とのせてみてください。

すると、トレンド感がありつつも、大人の上品さを兼ね備えた仕上がりになりますよ。

仕上がりが見違える!ポイントメイクの手順④仕上げはハイライト&チーク♡

最後は、ハイライトとチークでポイントメイクの仕上げをしましょう。
ハイライトを入れる際、鼻を高く見せたいという気持ちから、つい鼻筋からスタートして鼻の先まで色を差していませんか?

でも実は、ハイライトは、鼻筋からスタートして目頭の横あたりまでに色を入れるのが、ベター。一体どうしてなのでしょうか。

実は大人になるにつれて、人間の顔はたるみにより、縦に間延びしてしまいます。ハイライトを鼻の先まで入れてしまうと、顔の縦長のラインを余計に強調してしまうことに。

ナチュラルに、そして若々しい印象をキープするためにも、ハイライトの位置には十分注意しておきましょう!チークは、笑った時に盛り上がる部分と、黒目の接点を中心に色をのせてぼかしていくと、失敗がなく仕上がりますよ♡

いかがでしたか?ポイントメイクを進めていく順番には、実はちゃんとした理由があったんですね!
細かいポイントに注意しながらポイントメイクを施せば、失敗がなく、若々しくて上品な仕上がりになりますよ♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。