教育熱心なママが注目♪プチ子連れ留学するなら幼少期がチャンス!

子育て・ライフスタイル

今、教育熱心なママの間で注目されている、幼少期の「プチ子連れ留学」。

ビザなしで旅行と組み合わせて体験できるので、ワーキングママにもおすすめなんですよ♪

「プチ子連れ留学」のメリットなどをご紹介します。

幼少期がチャンス!プチ子連れ留学▶︎「子連れ留学」とは?

新たな留学のスタイルとして注目を集めている、「プチ子連れ留学」。

ママやパパと一緒に、1週間単位で短期留学にチャレンジするスタイルです。

とくに人気なのは、ママと子どもが留学する母子留学なんですよ。

ワーキングママ自身のスキルアップになり、親子の思い出作りにもなると考える方が多いそうです。

幼少期がチャンス!プチ子連れ留学▶︎子どもへのメリット

引用:www.philcare.com.ph

プチ子連れ留学で子どもが得られる大きなメリットは、「本物の体験」ができるということ。

英会話教室や音楽教室、学習塾など、未就学時期から習い事に熱心なママも多いですが、本場での「実体験」に敵うものは、なかなかありませんよね。

英会話を習う子どもにとって、現地でネイティブの世界に触れる体験は、かけがえのないものになることでしょう。

子連れ留学をするなら、固定概念がない幼少期がおすすめです。構えることなく、自然に現地の暮らしや人々と触れ合うことができますよ♪

幼少期がチャンス!プチ子連れ留学▶︎親のメリット

では、プチ子連れ留学で得られる親のメリットには、どんなことがあるのでしょうか。

ワーキングママであれば、海外での学びの体験は、スキルアップになることでしょう。

英語に苦手意識があったママでも、英語力を向上させるきっかけになります。

親子で思い出作りができることも、メリットですね♡

幼少期がチャンス!プチ子連れ留学▶︎滞在先は?

プチ子連れ留学の滞在先は、プログラムによって異なりますが、親子でホームステイをするというのがよくあるパターンです。

未就学児の場合、デイナーサリーで子どもが過ごしている間に、ママが語学学校に通うという方法がおすすめです。

また、ステイ先と学びの場所が一体になっている、教師宅へのホームステイなどもあるそうですよ♪

幼少期がチャンス!プチ子連れ留学▶︎費用はどのくらい?

実際にプチ子連れ留学を計画するなら、まず把握しておきたいのが費用。

留学先として一番人気の“ハワイ”は、2~6週間で60~120万円程度だそう。

物価高もあり、日本以上の生活費がかかってしまいますが、リピーターが多い人気の留学先です。

豊かな自然が魅力のオーストラリアやニュージーランドも、おすすめの留学先。治安も安定しているので人気です。こちらは1~4週間で40~70万程度になります。

また、予算を抑えて子連れ留学を考えるなら、フィリピンがおすすめ♪1~4週間で25~40万円ほどで留学が可能です。

ママと子どもにおすすめのプログラムも揃っていますよ。

短期間でできるプチ子連れ留学は、ワーキングママでもトライしやすいんです。

お子さんとの思い出作りにもなるので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪