薬膳で秋の「乾燥」トラブルを解消!潤い美肌になりましょう

はじめまして。
国際中医薬膳師・薬膳アドバイザーで、六本木の自宅にて「ヒルズ薬膳サロン」を主宰しております箕山 育恵です。

寒くなってきて、いよいよ秋本番ですね。
秋は乾燥が気になり始めたり、疲れが出て風邪を引きやすい季節。疲れた肌と体のリカバリーに何を食べたらよいか、何に注意すれば良いかを薬膳の考え方を交えてお伝えしたいと思います。

薬膳で秋のトラブル解消!秋の乾燥は肺や気管支にとって大敵です

秋になると湿気の多かった夏と一転、空高く気持ちのよい秋晴れの日が多くなります。

秋は湿気が少なくなる代わりに、空気が乾燥してきます。乾燥することで胃腸が楽になり、食欲が出てきます。これが"食欲の秋"と言われる由来です。

中医学的な考えでは、季節ごとにケアする体の臓器は決まっており、秋の乾燥は「肺」に影響を与えます。また、肺は腸と経絡で繋がっているので、腸にも影響がでてきます。腸の環境がよくないと、肌荒れやお肌の乾燥に繋がることもあるのです。

薬膳で秋に養生したい場所は「肺」と「腸」です。

薬膳で秋のトラブル解消!秋の気になる症状は?

秋に気になる方が多い症状を挙げてみましょう。

・肌がカサカサになり、乾燥による痒みが出る。
・肺に冷たい空気が入るので、鼻づまり、鼻水、鼻血が出る。
・喉の不調、咳が出る。
・便秘

以上の症状で悩む方が、多くいらっしゃいます。

季節の変わり目で、朝晩の気温差に体が追いつけずに風邪を引いたり、熱が出てしまうこともありますよね。早めに治しておかないと免疫力が下がり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなるので注意が必要です。

薬膳で秋のトラブル解消!食べるべき食材は?

お肌の乾燥や喉の不調など、秋のトラブル解消に良い食材をご紹介しましょう。

中医学ではその季節に出回る食材はその時期に体が欲するものと考えるため、旬の食材を食べることをお勧めします。

季節によって食する食材の色が決まっており、秋には"白色食材"を食べると良いとされ、実際市場にも"白色食材"が出回ります。例えば白胡麻、豆腐、白菜、れんこん、長芋、梨、かき、ゆり根、里芋、白木耳(シロキクラゲ)などが、薬膳での"白色食材"です。

秋が旬の食材は体や肌を潤し、秋の不調、トラブルの予防や解消につながります。

薬膳で秋のトラブル解消!秋にオススメの乾燥を防ぐ薬膳茶

手軽な食材で乾燥した秋の体を潤すことのできる薬膳茶・梨はちみつ紅茶の作り方をご紹介します。

【材料】(2人分)
・梨 (洋梨も良い) 1/2個
・はちみつ      大さじ2
・紅茶ティーパック 1パック

①梨をサイコロカットにし、火にかけて煮ます。
②カップに煮た梨を入れ、上から温かい紅茶を注ぎます。
③はちみつを入れ、軽く混ぜて出来上がりです。

梨は咳止めの効果があり、はちみつは殺菌作用、通腸作用があります。特に梨は生でいただくよりも煮ていただく方が効果的なので、ぜひお試しください。
薬膳の考え方に基づき、秋の乾燥トラブルを解消するためにお勧めの食材をご紹介しました。

秋は実り・収穫の季節であると共に、情緒的にセンチメンタルになりやすい季節でもあります。運動会、学園祭、ハロウィンなどのイベントで楽しく過ごしたいものです。
どうぞ皆さんも風邪を引かずに体調を整えて、楽しい秋の季節をエンジョイしましょう。

乾燥 薬膳 美肌 潤い 咳止め 風邪

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

箕山 育恵/ヒルズ薬膳

箕山 育恵(みのやま いくえ)

【肩書き】
国際中医薬膳師(中国国家資格)

>もっとみる