ワンちゃんを連れての遠出。車酔いをさせないための対策とは?

旅行・おでかけ

家族でお出かけをする時に、車を使って移動をする方も多いのでは?お家で飼っているペットをホテルには預けずに、一緒に連れて車でお出かけをする場合、やはり気になるのは、車酔いですよね。

今回は、ワンちゃんの車酔いにおける対策についてご紹介します。

犬の車酔いにおける対策①乗り物酔いとは?

乗り物酔いは、別名「動揺病」と呼ばれています。
乗り物の揺れからくる体の不調を指して、動揺病と言われるそうです。

乗り物酔いは、長時間にわたって、体の回転や傾きなどを感じる器官を、何度も繰り返し刺激することで起こる状態です。人間だけの症状かと思われがちですが、実は、ペットにも起こる病気の一つなんです。

ではペットに車酔いが起こった場合、どんな症状で、どう対応すれば良いのでしょうか。

犬の車酔いにおける対策②症状はどんな感じ?

まずは、ペットの乗り物酔いの主な症状に、どのようなものがあるのかをご紹介します。主な症状は、下記のようになっています。

・そわそわする
・生あくび
・よだれが止まらない
・吐く
・ぐったりする
・口をクチャクチャと動かす
などがあります。

気分が悪くなり、吐き気が出てきてしまうのは、人間と同じ。この乗り物酔いは、体験した方にしか分からない辛さがありますよね…。

人間でもなんとも言えない辛さがあるのに、言葉を話せないペットがぐったりしてしまうと、見ているこちらも苦しくなります。

そして、これらの症状が重症化すると、乗り物に乗っただけでも、トラウマなどから上記の症状を引き起こしてしまう場合もあるそうです。

犬の車酔いにおける対策③予防法はあるの?

出典:www.dog-stock.com

ペットの乗り物酔いの予防法としては、症状が比較的軽い場合は、キャリーケースなどに入れて揺れないようにすることや、車の場合は、運転手さんに安全運転を心掛けてもらう、また、こまめに休憩を取り、気分転換をさせることなどが挙げられます。

しかし、症状が重たい場合は、上記の対策以外にも、満腹や空腹の時間帯を避ける、車内換気をして匂いに気をつける、乗り物に慣れさせることを意識しましょう。

それでもダメなら、動物病院で酔い止めを処方していただくのも、一つの手です。

犬の車酔いにおける対策④酔い止めと治療法について

先述した酔い止めは、乗り物に乗る30〜60分前に飲むと効果を発揮します。

また、病院でできる治療法というよりは、飼い主ができる対処療法になりますが、嘔吐をしてしまった時のために水分を多めに持ち歩き、万が一吐いてしまった場合は、水分を補給してあげるなど、少しでも犬がラクになるよう手助けしてあげましょう。

人間と同じく、ペットにも酔いやすい・酔いにくい子がいます。車での移動の際は、こまめに様子を見て、しっかりと予防してあげましょう♡

いかがでしょうか?今回は、ペットと一緒に乗り物に乗る際の、乗り物酔い対策についてお伝えしました。
可愛いペットとのお出かけが、素敵な思い出になりますように♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。