《まぶたのタイプ別》目を小さく見せてしまうNGアイメイクとは?

目は、その人の印象を決める重要なパーツ。メイクの中でも、特にアイメイクに力を入れている方も多いのではないでしょうか。

でも、実はそのアイメイク、自分に合っていないかもしれません!

今回は、まぶたのタイプによってやってはいけない“NGアイメイク”についてご紹介します。

【まぶたのタイプ別】NGアイメイク▶︎一重

①アイラインを細く入れる

一重さんは、アイラインを目のキワに繊細に引いても、目を開けると全部隠れてしまうことも……。

一重さんのアイラインは、思い切って太めに引くのが正解です。

また、目尻を少し長めに引くと、一重のセクシーさが強調されてGood。

とは言っても、アイラインだけがくっきり目立つと不自然に見えることもあるので、同系色のアイシャドウを使って、ラインをぼかすようにすると良いですよ。

目のキワから濃いグラデーションを作ることで、奥行きが生まれ、印象的な目元が作れます。

②暖色系のアイシャドウを広く入れる

ふんわりとした暖色系カラーのアイシャドウは、一見、優しい雰囲気を作るのに良さそうですが、一重さんの場合は、逆に腫れぼったく、重たく見えてしまいがち。

暖色系は膨張色なので、まぶた全体に使うのは避けましょう。一重さんのアイシャドウは、寒色系で引き締めるのが無難です。

どうしても暖色系を使いたい場合は、目尻に少し入れるなど、ポイント的に使うのがおすすめです。

【まぶたのタイプ別】NGアイメイク▶︎奥二重

①アイラインを太く入れる

奥二重さんがアイラインを太く入れると、二重の幅が全て塗りつぶされてしまい、逆に目が小さく見えてしまいます。

奥二重さんのアイラインの正解は、極細ライン。

まつ毛のキワを埋めるような繊細なラインを引くと、もともとの二重の幅も生かされ、黒目が大きく見える効果もあります。

アイライナーは、ブラウンなどのナチュラル系もおすすめです。

②ボリュームマスカラを使う

奥二重さんが目を大きく見せたくてボリュームたっぷりのマスカラを使うと、まつ毛が二重の幅を隠してしまって、逆効果に……。

奥二重さんは、きれいにセパレートして長さを出す、ロングタイプのマスカラを使いましょう。まつ毛が扇状にわかれるように塗っていくと、目を大きく見せることができます。

軽やかに見えるカラーマスカラなども、奥二重さんにおすすめのアイテムです。

【まぶたのタイプ別】NGアイメイク▶︎二重

①アイラインを太く入れる

元々華やかな印象の二重さんがガッツリ太いアイラインを入れると、派手になりすぎてしまうので要注意。

ぱっちりした瞳の二重さんは、アイラインはナチュラルに入れるのが正解です。

思い切ってアイラインなしで、アイシャドウとマスカラのみで仕上げるメイクも、抜け感があって素敵です。

②濃いアイシャドウを太く入れる

二重の幅に、濃いアイシャドウをしっかりと太く入れてしまうと、逆に目元の立体感がなくなって、目が小さく見えることがあります。

さらにケバケバしい印象にもなりがちですので、普段メイクにはあまり向きません。

二重さんが締め色アイシャドウを使う場合は、細く、目のキワだけに使いましょう。

まぶた全体に乗せる色には明るめのカラーを使うと、派手になりすぎず、華やかな印象が出せますよ。
雑誌に載っている流行りのメイクなどを見ると、そのままのアイテムを使ってしまいたくなりますが、ちょっとストップ。

それが本当に自分の目のタイプに合っているのか、今一度考えてみて下さいね。

自分に合わせたメイクをすれば、魅力はさらに引き出されるはずです♪

アイメイク NGメイク タイプ別 メイク

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる