時短でお味噌汁が完成!アレンジ方法も豊富な《味噌玉》の作り方♪

グルメ・レシピ

家庭の味として日本人に親しまれてきたお味噌汁。
お味噌汁を飲むとほっとしますよね(^^)

また、お味噌汁は栄養的にも是非取り入れたいメニュー。
暖かいお味噌汁は、胃腸を温めて働きをアップさせてくれます。
お野菜や豚肉など、お味噌汁に入れられる具材は様々♡栄養バランスも整えやすいメニューです。

今回はそんなお味噌汁が手軽に飲める!味噌玉の作り方やオススメの使い方をご紹介します。

味噌玉とは?

味噌玉とは、簡単にお味噌汁が作れるようにお味噌やお出汁をコロンと丸めたもの。手作りのインスタント味噌汁のようなものです。

"インスタント"のお味噌汁は便利ですが、添加物が入っている上、塩分もかなり高めに作られているものが多いんです。毎日取り入れるのならば、余計なものは摂取したくありませんよね♡

また、味噌玉はラップで包んで持ち運びも出来ます。旦那さんのお弁当に味噌玉をプラスしてあげれば、オフィスでもほっと暖かいお味噌汁が飲んでもらえます♡

また冷凍も出来ますので、忙しい朝などにはぴったりなんですよ(^^)

味噌玉の作り方① 基本レシピ

出典:cookpad.com

味噌玉の作り方はとても簡単!

まず材料がこちら。
・お味噌
・出汁
自分で作るなら、昆布や鰹節、いりこなどの食材をフードプロセッサーで細かくしましょう。
・お好みの具材
火の通って無いお肉などは避けて、刻んで火を通したお野菜や、とろろ昆布などを使うのがオススメ。

上の3つの材料を丸めて、ラップに包んで丸めればOK♡たったこれだけです。そのままでも良いですが、周りにとろろ昆布をまぶしたり、ゴマをまぶしたりすると見た目も風味も違った味わいが楽しめます。

味噌玉の作り方② オーブントースターで焼いて香ばしさアップ♡

味噌玉の味わいを少し変化させたい時には、オーブントースターで焼くのもオススメです(^^)

こんがりと焼いた味噌玉は、お湯に溶かすと香ばしい味わいがプラスして、また違った美味しさを楽しめます。個人的に、お雑煮の味わいがプラスされたお味噌汁のように感じました♡

また、この焼き味噌玉。お茶漬けとしてもぴったり!ホカホカのご飯に味噌玉をのせ、お茶かお湯を注ぎます。最後に卵黄を乗せれば、とっても美味しい味噌茶漬けの完成♡

味噌玉の作り方③ アレンジ方法は自由自在!

この味噌玉、アレンジの方法がとっても幅広いのも魅力♡味噌玉自体に、美味しいお出汁と細かな具材が詰まっているので、お料理を作っていて何か味に締まりが無いなーなんて時にもお助け役をしてくれます(^^)

例えば
・ミートソース→ミートソースにコクが出ます。
・豆乳スープ→同じ大豆製品である豆乳とは相性バッチリ。
・ホイコーロー→味噌玉を使えば味付けも簡単。
・グラタン→ホワイトソースにもお味噌は合うんですよ。
・担々麺→炒めたひき肉と一緒に麺に乗せればOK。

その他にも、色々なお料理に使えますよ♡是非、自分なりのアレンジを楽しんでみてください!

いかがでしたか?

作る際の手間も無く、1度に大量に作れてしまう味噌玉。
作っておけば、サッと汁物が出せたり、お料理の味付けに活躍してくれたりと優秀な味噌玉♡
皆さんの冷凍庫にも、味噌玉を入れておくのはいかがでしょう?(^^)