”うちの子ってイジワルかも?”1・2歳児の行動の謎を解明!

子育て・ライフスタイル

お友達をたたいてしまったり、お花をちぎってしまったり……「もしかして、うちの子ってイジワル!?」と悩むことはありませんか?

まずは、ママが子供の気持ちを知り、理解してあげましょう。

【1・2歳児】うちの子は、イジワルなの!?

「やめて!」と言って嫌がっているのに、たたいたり、噛んだり。1・2歳児の育児をしているママは、そんなわが子の姿を目にしたことはありませんか?

こうした姿を目にすると、「うちの子って、思いやりがないのでは?」と心配になってしまいますよね。

でも、こうした行為は、決して思いやりがないから……という訳ではないんです。

1・2歳児のうちは、まだ「良い・悪い」の区別がつかず、好奇心の赴くままに、様々なことを試します。

その中で、ママの反応を確認し、”褒められる=良いこと・叱られる=悪いこと”という判断をしていきます。

特に、愛情のある大人の前や仲良しのお友達には、安心していろいろと”試す”ことができるのです。

こうした時期は、ママの教育理念に基づいての「良い・悪い」を教え、思いやりのお手本を見せてあげましょう。

【1・2歳児】は好奇心が育つ時期☆

「私がイヤだと言っているのに、どうして何度もやるんだろう?」と、疑問に感じたことはありませんか?

”子供が大好きなはずのママなのに……”と。

子供は、安心できる大人の前では「どうなるの?」「楽しい!」という、”好奇心”が強く出るもの。

ですので、ママが嫌がることでも、思いやりより好奇心が勝ち、何度も繰り返す場合があります。

「痛いからやめてね。」「ママ、悲しいな。」と気持ちを伝えて、やめさせることも大切ですが、一方では、子供の好奇心を育てることにも繋がるのです。

”イジワル”とも捉えられる、その行為に対しては、”やってはいけないこと”と説明しつつも、こうした子供の気持ちを、ママなりに理解してあげると良いですね。

【1・2歳児】は自己主張がしたい時期☆

咲いているお花をちぎってしまう。そんな、わが子の姿を見て、”やっぱりうちの子、イジワルなのかな……。”と、胸を痛めるママもいるかもしれません。

しかし、こうした行為は、子供にとって「やってみたい!」という”自己主張”の表れなのです。

1・2歳児でも、「お花をちぎったら、かわいそう。」ということは、理解できるかもしれません。

ですが、「やってみたい!」という気持ちが優先され、相手の気持ちに気が付かず、思いやりの気持ちを忘れてしまうこともあるのです。

このような場合も、何度も言って聞かせることは大切です。

ママに知っていただきたいのは、このような行為は、自己主張を表現できるようになった、言わば”成長の証”でもあるということなのです。

いかがでしたか?1・2歳児のちょっとイジワルにも思える行動は、成長の証です。

”1・2歳児=何でも試したい時期”。これを頭に入れておくと、わが子の行動にも、大きな気持ちで対応できますよ。