冷蔵庫の余り物が絶品おつまみに♪簡単すぎる味噌漬けレシピ4つ♡

グルメ・レシピ

週末の晩酌や急な来客時にサッと出したいおつまみ♡
どんなに忙しくても、スーパーやコンビニで買ってきたものを出すのは避けたいところですよね。
そんな方にオススメなのが、食材を漬けておくだけで絶品おつまみに早変わりする味噌漬けレシピ♪
冷蔵庫に余っている食材でOKなので節約にもなる一石二鳥の簡単レシピをご紹介します^^

平林玲美
平林玲美
2015.06.28

簡単すぎる味噌漬けレシピ<1>基本のみそ床の作り方♪

出典:www.kyounoryouri.jp

漬けるだけで美味しいおやつやおつまみになる味噌漬け。まずは基本のみそ床の作り方をご紹介します。

♦︎材料♦︎
味噌  1カップ
砂糖  大さじ3〜4
みりん 大さじ1

これを木べらで練り込むようによく混ぜます。お味噌はご自宅でいつも使っているものでOK。お砂糖はお味噌の塩加減によって調整しますが、最初は少なめから初めてだんだんお好みの甘さに足していってください^^

簡単すぎる味噌漬けレシピ<2>豆腐の味噌漬け

まず最初にご紹介するのは、お豆腐の味噌漬けレシピです。淡白なお豆腐がまるでチーズのように濃厚になる絶品レシピです。

作り方はとっても簡単。お豆腐1丁を水切りし、ガーゼやキッチンペーパーに包みます。保存タッパーに基本のみそ床を敷いてお豆腐を乗せ、サンドイッチするようにみそ床をかぶせます。あとは蓋をして冷蔵庫へ♪2日以上経つと味が染み込んでコクのある味わいになります。

食べるときはカーゼから取り出し、食べやすく切って残りはまた漬けておいてください^^

簡単すぎる味噌漬けレシピ<3>卵黄の味噌漬け

出典:snapdish.co

続いてご紹介するのは、卵黄の味噌漬けです。いくつか作っておくと、丼物やサラダのトッピングだけでなく究極の卵かけご飯もあっという間に作れちゃうのでとっても便利です♪

保存容器に基本のみそ床を敷いて、その上にガーゼやキッチンペーパーを敷き詰めます。スプーンの背を使って黄身の大きさにくぼみを作ったら、そっと卵黄をのせてガーゼとみそ床でサンドイッチ♪

冷蔵庫で1日以上おくだけで、卵黄に透明感がでて食べごろです。卵かけごはんにするならば、お好みで2日以上おくと更に濃厚になりますよ^^

簡単すぎる味噌漬けレシピ<4>余った野菜も捨てずに味噌漬け

出典:www.kyounoryouri.jp

みそ床の便利な点は、どんなお野菜でも美味しく変身し長持ちさせてくれるところ。余った野菜の切れ端や、大根や人参の皮など普段は捨ててしまいがちなお野菜も、味噌漬けにすれば美味しいおつまみとして頂けます。

切れ端や皮は食べやすいよう短冊切りにして保存袋にいれ、みそ床を加えてよくもみ込みます。空気を抜いて冷蔵庫でねかせれば、翌日には野菜から出た水分とよく馴染み美味しい味噌漬けが完成♪長芋などは一度焼いてからいれると更に香り良く仕上がります。

食べるときには味噌をよくふきとるか軽く洗って水気をとってくださいね^^

いかがでしたでしょうか?
基本のみそ床を作っておけば、冷蔵庫の余りものもたった1日で絶品おつまみに早変わりします♪
是非色々な食材を味噌漬けにして、お好みのものを見つけてみてくださいね^^

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。