食べるの大好き!な人にオススメする<1日5食>ダイエット♡

美容

食事量を減らしたり、カロリー制限が苦手な人に朗報です!
今回は、1日に5回の食事を摂りながら、効率よく痩せられる<1日5食>ダイエットの方法をご紹介したいと思います。

本当に痩せるの?その疑問を解決します!

本当に1日5食も食べて痩せるの?
と思っているアナタ。
これにはきちんと理由があるんです。

その理由がコチラ!

①インスリンの分泌を抑える
1日5回に分けて、少量の食事をこまめにとることで空腹感が減り、早食い&暴飲暴食がなくなり、体脂肪を溜め込むホルモン=インスリンの過剰分泌が抑制できます。
その結果、体脂肪がつきにくく、代謝が活発になるのです。

②ストレスが減る
空腹感を我慢することで生まれるストレスや、カロリーを気にすることから解放されるため、ストレスフリーになります。

③代謝が良くなる
食事をすることで内臓が活発に働き、それがエネルギーの消費につながります。1日に5回食事をとることで、内臓が動く回数もグンっと増え、代謝がアップするのです。

これが実践方法です♪

では、理由が分かったところで、実践方法のご紹介です。
まずは、1日に起きている時間を5で割り、出てきた数字を食事と食事の間隔にします。

(例)起きている時間が18時間の場合
18÷5=3.6
つまり、約4時間おきに食事をとるということです。
朝6時起床の夜12時就寝の場合は、朝6時、朝10時、昼2時、夕方6時、夜10時がだいたいの食事時間となります。

食事内容は、朝・昼・晩のメイン3回以外の2回の食事時間に、豆乳、甘酒、果物、ナッツ、野菜スティックなどを食べると、とても手軽で効果的です。

注意点!

時間を守って、ただ1日5食にすればOK!
というわけではなく、以下の注意点に気を付けながらダイエットを進めてください。

①炭水化物の質を変える
ご飯やパンといった主食は、玄米・雑穀米・全粒パンなど血糖値の上がりにくい食材を選びましょう。

②低脂質のたんぱく質を取り入れる
低脂質で高たんぱく質の食材を取り入れましょう。
脂身の少ない赤身肉や青身魚、卵白などがベストです。
これらは代謝の良い体づくりには不可欠なんです。

③食物繊維を積極的に取りましょう
野菜や果物を皮ごと食べるなど、食べ方に工夫をして効果的に食物繊維を摂取しましょう。

④良質な脂質を取り入れる
エキストラバージンオイルやキャノーラ油・えごま油など、悪玉コレステロールを減らして、ビタミンの吸収を良くする良質の油を選びましょう。

⑤水分をこまめにとる
水・お茶・コーヒー(無糖)・ノンカロリー飲料などを、こまめにたっぷりと飲みましょう。

これが1日5食ダイエットのメニュー例♪

1食目:グリーンスムージー
2食目:ナッツ、ドライフルーツ、豆乳ラテ
3食目:玄米サラダ、赤身ステーキ、お味噌汁
4食目:甘酒、チーズ
5食目:サラダ、野菜スープ、納豆

いつもの食事を少しだけ見直して、バランス良く少しの量をこまめに食べる習慣をつけるだけで、空腹によるストレスなくダイエットが続けることができます。

食べられないストレスと闘わなくてはいけないダイエットを卒業して、食べられるダイエットで楽しく痩せてみてはいかがですか♡?

昔に比べると、ダイエット方法も色々と変化して、楽しく痩せられそうですね♡
食べることが大好きだけど痩せたい!という方は、ぜひ実践してみてください(o^^o)