大掃除がうまくいく♪お家の物を上手に仕分ける4つのポイント

子育て・ライフスタイル

普段のお掃除とは違って、大掃除となると、お家全体を一気にスッキリと片付けたいですよね。
そうなると、年末の短期間では難しいものがあります。

そんな時にオススメしたいのが、今回ご紹介する4つの仕分けの方法です。お家の中の物を上手に仕分けて、テキパキと大掃除を済ませましょう♪

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2015.12.08

大掃除の仕分けのポイント①必要・不要・保留の3つのボックスを作る!

大掃除には大変なイメージがありますが、年に一度の、見て見ぬフリをしていたものを整理整頓する良いチャンスです。

散らかってしまったお家の物を仕分けるためには、まず3つのボックスを用意しましょう。
まずはそれぞれに、「必要」・「不要」・「保留」とメモ書きをつけておけばOKです。

このボックスは、整理整頓をするカテゴリーごとに用意できるのがベストです。
(もしカテゴリーごとに用意できない場合は、一つずつ作ったボックスだけでも大丈夫です。)

大掃除の仕分けのポイント②保留のボックスは半年で処分する!

整理整頓するカテゴリーを決めたら、その場所にあるものをひたすら3つのボックスに入れていきます。

この時「不要」ボックスに入れたものは、その日のうちに処分します。そして、「必要」ボックスに入れたものは、再度キレイに並べましょう。

ここで問題になってくるのは、「保留」ボックスに入れたものに関してです。思い出があるけれど、もう使っていなかったり、仕分けをしていて久しぶりに存在を思い出したものだったりと、様々なものがあるでしょう。

迷っているからこそ「保留」ボックスに入れたのですから、半年の考える猶予を与えましょう。保留ボックスごとに収納スペースへ入れ、ひとまず閉まっておいてください。

この時、どのカテゴリーの保留ボックスなのかということを、箱に記載しておくと良いですよ。(例・「キッチン・保留」等)

大掃除の仕分けのポイント③毎日2カテゴリーずつ進める!

おうち全体を3つのボックスに仕分けていくと、かなりの時間を要するのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

そこで私は、1日に2カテゴリーずつ進めていくというのが一番やりやすかったので、よかったら参考にしてみてください。(例・今日はキッチンとパントリー、今日はシューズボックスと玄関、等)

何でもそうですが、仕分けに関しても、1日ですべてを片付けてしまおうと思うのは無理があります。しかし、気が向いた時にやろうという考えでは、なかなか進まないもの。

ですので、毎日2カテゴリーずつの仕分け、などと決めて行えば、ムリなく時間もかからずに終えることができますよ。

大掃除の仕分けのポイント④物をどけたらついでにお掃除!

出典:joplinfamilies.wordpress.com

そして、最後にご紹介したいのが、「ながらテク」でお家をキレイにしよう!というものです。
3つのボックスに仕分けを進めている際、お掃除もついでに行いましょう。

せっかく物をどけて仕分けをしているのですから、ついでに拭き掃除もしてしまうのはいかがでしょうか?

棚の上や、引出しの中などは、意外と汚れが蓄積されてしまっているもの。仕分けをして、細々したものがないうちにサッと拭けば、簡単にお掃除が完了しますよ♡

こうすれば、お家にあるものの仕分けと細かい部分のお掃除が両方完了します!

お掃除があまり得意ではない私…。なので年末の大掃除シーズンが近づくと、少々悪寒がしてしまいます。(笑)
そんな私でも、短期間でお家の中をすっきりと仕分けられるのが、この4つの方法!
簡単に済ませられるので、ぜひ参考にしてみてください♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。