うっかり寝違えてしまった!やりがちなNG行動と正しい対処法

美容

アイタタタ!朝起きたら、うっかり寝違えてしまっていた……といった経験、誰しもが1度はあるはず!

その日1日、何をするにも集中できず、億劫になってしまいますよね。少しでも首の痛みを取ろうと、揉んだり、ひねったりしていませんか?

しかし、それは却って痛みが増してしまう、やってはいけないNG行動かもしれません!

よくやりがちな「マッサージ」実はNGだった!?

寝違えた時に、誰もがしてしまいがちなマッサージ。実はこれ、やってはいけないNG行動だったんです!

整体師など、専門的な知識を持った人が行う場合には、それなりの効果が期待されます。

しかし、自分で判断して間違えた方法で行ってしまうと、炎症を悪化させてしまい、逆効果になってしまうのです。

治るのにも、余計に時間がかかってしまいますよ!

寝違える原因は首ではなく「脇」にあった!?

今までは、寝違える原因として、

・枕が合っていなくて、首の角度が不自然なまま寝てしまっていた。
・内臓が疲れていて、背中と肩の筋肉が張っていることから、寝返りが十分に行われていない。

といったものが考えられていました。

しかし最近では、原因は首ではなく、脇の下にある腋窩(えきか)神経が圧迫されて寝違えが起こる、と言われています。

腋窩神経は、首を支える神経に繋がっているため、この部分の血行が悪くなって痺れてしまうと、首の痛みに繋がってしまうのです。

では、どうすればいいの?寝違えに効果のあるストレッチ方法

寝違えた時に行うストレッチには様々ありますが、ここでは、良く効くと話題のものをご紹介します。

(1)痛みがある方の腕をゆっくりと後ろに持ち上げて、自然に止まったところで20秒止めます。

(2)20秒経ったら、腕をゆっくりと下ろします。

これを2回繰り返します。

(3)次に、痛みのある方の手のひらで、腰の後ろのベルトが当たる位置を軽く押さえます。そのまま後ろに肘を引くようにして20秒止めます。

これを2回繰り返します。

(4)最後に、痛みのある方の腕を軽く後ろに引くようにして、20秒止めます。

これも、2回繰り返します。

あまり無理のない程度に行いましょう♪

寝違えてしまう前にできることって?

寝違えてしまっては、仕事や家事に差し支えてしまうなど、良いことは何もありません。

それでは、寝違えてしまうのを未然に防ぐ方法はないのでしょうか?

実は、寝違えは姿勢と大きく関係しています。デスクワークなどで普段から首が前のめりになってしまいがちな方は、定期的なストレッチを行いましょう。

また、寝るときに使っている枕が自分に合っていないと、やはり寝違える確率は上がってしまうようです。

枕次第で毎朝の目覚めも変わってくるので、自分に合った高さの枕を選びましょう。

もし寝違えてしまったときは、無理のない行動を心がけましょう。

万が一、痛みを悪化させてしまったり、いつまで経っても痛みが軽減されない場合は、病院や専門機関で診療を受けることをオススメします。