スイーツも忘れずに!鳥取県に行ったらマストなお土産4つ

旅行・おでかけ

鳥取県を訪れたなら、鳥取県らしいスイーツをお土産に選んでみてはいかがでしょうか。
今回はそんな鳥取県らしいおすすめスイーツを厳選して4つご紹介したいと思います。

矢野涼子
矢野涼子
2015.08.01

スイーツも忘れずに☆鳥取県のお土産その① パンドラの箱『駱駝の足あと』

出典:www.pandora-cake.com

鳥取砂丘といえば、ラクダを思い浮かびませんか?

鳥取県らしさを感じる、ケーキ屋さんが一枚一枚つくったラスクは、ラスク専用のフランスパンを焼きあげたパリパリカリカリの香ばしさが魅力です。

賞味期限も常温で30日と長く、2枚のラスクが1袋に入っているので、ご近所にばらして配るのにも使えますね。

◆パンドラの箱 鳥取店
住所:鳥取県吉方温泉3-852
電話番号:0857-22-9078
営業時間:9:00~20:00

スイーツも忘れずに☆鳥取県のお土産その② 妖怪食品研究所『妖菓目玉おやじ』

出典:tabelog.com

食べるのをためらってしまいそうな見た目ですが、有名老舗店が製造していて、磨き抜かれた職人技から生まれた逸品。厳しく吟味された素材が使われた高級和菓子です。

中はこしあんに蜜漬けの栗を練り込まれています。表面は寒天でコーティングされていて、赤黒の部分は羊羹です。鳥取県らしいお土産としてオススメです。

◆妖怪食品研究所
住所:鳥取県境港市本町四番地(水木しげる記念館となり)
電話番号:0859-42-5210
営業時間:9:30~17:00

スイーツも忘れずに☆鳥取県のお土産その③ 砂の美術館『砂チョコ』

出典:www.torican.jp

砂を素材にした彫刻作品である「砂像」を展示しているのが「砂の美術館」です。

そこで購入することができるのが『砂チョコ』です。見た目は砂浜の砂にとてもよく似たきな粉がまぶされていて、中はホワイトチョコレートにゴマとクッキークランチが入っています。

サクサクカリカリの食感で、かなりインパクトのあるお土産になること間違いなしです。

◆砂の美術館
住所:鳥取県福部町湯山2083-17
電話番号:0857-54-1675
営業時間:9:00~20:00

スイーツも忘れずに☆鳥取県のお土産その④ 鬼太郎はうす『絵画まんじゅう』

水木しげるロードの「妖怪神社」の向いにある鬼太郎はうすで購入できます。

このお店の看板商品となった見た目も味も大満足の一品です。生地がやわらかく、ほどよい甘さが人気の理由です。

毎日10時から11時ごろに焼き上がるので、焼きたてを味見してから購入しても良いですね。種類は、鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男、猫娘の4種類です。

◆鬼太郎はうす
住所:鳥取県境港市大正町89
電話番号:0859-42-3345
営業時間:9:30~17:30

いかがでしたでしょうか。
お土産を受け取る方も、その県らしさが伝わる物は必ず喜んでもらえるものです。
是非、お土産選びの参考にして下さい。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。