ローラさんもハマった!健康&美容に効く“レモン白湯”って?

美容

皆さんは、寝起き1番に何を口にしますか?

身体にストレスを与えず、健康と美容の効果を考えるのであれば、白湯を頂くのがオススメ。最近では、白湯の効果を雑誌やテレビなどで多く見かけるようになりましたよね。

そんな白湯のパワーをより高めてくれるのが、レモン白湯!今回は“レモン白湯”の作り方や魅力をご紹介します♡

レモン白湯の魅力①白湯の効果って?

白湯(さゆ)とは、1度沸騰させたお湯をすんなり飲める程度の温度まで自然に冷ましたもの。簡単に言うと、ちょっと温かいぬるま湯です。

そんな白湯は昔から、風邪などの時に飲まれていた他、赤ちゃんの頃から飲むことができる身体に優しい飲み物。
身体の中に取り込むことで、内側から身体を温め免疫力や基礎代謝をアップしてくれる他、内臓を労わり、機能をアップさせる効果もあります。

1日のうちでどのタイミングで摂取しても良いのですが、特にオススメなのが寝起きの一杯。
寝起きは、内臓の機能も低下し、脳もまだ休まった状態です。ゆっくり白湯を取り入れることで、内臓や脳にスイッチが入れられ、便秘解消や冷え性解消にも効果的なんですよ♡

レモン白湯の魅力②レモン白湯って?

ローラさんのインスタグラムでも紹介された、レモン白湯。
通常の白湯に、レモンの絞り汁をミックスさせたものになります。

通常の白湯だと、「何だか物足りなくて飲みにくい!」「お湯そのものの味が気になる!」「なかなか続けにくい!」そんな方にオススメです。

ローラさんのように、チアシードをミックスさせるのも良いですし、ミントやシナモンなどのスパイスをプラスしてもOK。
しかし、お砂糖や蜂蜜などを加えてしまうと、白湯本来の効果を得られなくなりますので、気をつけましょう。

レモン白湯の魅力③作り方

レモン白湯を作る際には、農薬やツヤ出しワックスなどを使用していないものをチョイスしましょう。

熱したお湯を冷ましてから、カットしたレモンを絞り、レモン汁をプラスするだけでOK。
よりしっかりとレモンの味わいを感じたいのであれば、少量の皮をすり潰したものを入れてみたり、絞ったレモンの皮を白湯の中に入れてもOKです。

レモンを入れたお湯と聞くと、とーっても酸っぱく飲みにくいものを想像しますが、実際は程よい酸味と、ほのかにレモンの爽やかな香りが鼻に抜ける程度(^^)お子様にも安心して飲んでもらえる位、飲みやすいですよ。

レモン白湯の魅力④効果

レモンには、ビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、美肌に効果的なのはもちろん、新陳代謝を活発にし、脂肪をエネルギーに変えてくれる働きに役立つ、カルシウムの吸収を高めてくれる効果があります。痩せやすい体質を作るのには、持ってこいの成分ですよね。

また、寒くなる冬は、風邪などにかかりやすくなる時期。ビタミンCは、殺菌効果や免疫力を高める効果もありますので、積極的に摂りたいところ。
酸っぱさの原因でもあるクエン酸には、身体の疲れを取り除き、しゃきっと元気な身体作りをサポートしてくれる作用もありますよ。

そんなレモンの魅力を、白湯にプラスしたのがレモン白湯。カロリー自体は変わりませんが、働きや効果がアップする上、美味しさもアップ♡試してみる価値ありですね。

いかがでしょう?

寒さが一層厳しくなる時期。より元気に快適に、この冬を乗り切る為に、是非“レモン白湯”を取り入れてみてはいかがでしょう?