子供がほしい!と思ったら……妊娠するための準備をしよう!

子育て・ライフスタイル

結婚したら、子供について現実的に考え始める夫婦が多いのではないでしょうか。
しかし、子どもは"ほしい"と思った時に、タイミングよく授かれるわけではありません。
妊娠するためにできることから、準備しておきたいことをご紹介します。

芽衣
芽衣
2021.05.17

子供がほしい!妊娠の準備① 冷えない体作り

冬はもちろん、夏も冷房冷え……と、冷えに悩む女性は多いと思います。
しかし体が冷えると、本来持っている機能が上手く働かなくなってしまうので、子供を妊娠しづらくなってしまうことも。

忙しくても毎日必ず湯船に浸かる、適度な運動やストレッチをして血行を良くする、また体を温める食べ物を食べるなどの方法で、普段から冷えない体を作るように心がけましょう。

子供がほしい!妊娠の準備② ストレスを溜めないようにする

ストレスは万病の元と言われるくらいで、妊娠にもストレスは大敵です。
ストレスで生理が遅れることがよくあるように、過度なストレスはホルモン分泌のバランスを崩してしまいます。

そこで子供を妊娠する準備として、悩みや不安は溜めずに吐き出したり、忙しくても趣味の時間を確保することが大切。
自分に合ったストレス発散法を見つけて、日頃からこまめにケアをしておきましょう。

子供がほしい!妊娠の準備③ 適度な運動で血行を良く

運動は血流を良くして、様々な器官の働きを高めてくれます。
子宮や卵巣が正常な働きをすると、女性ホルモンが分泌されやすくなるので妊娠しやすい体になりますよ。

ただし、ウォーキングやヨガなどの適度な有酸素運動であることがポイントです。
激しい運動は逆効果になることがあるので、要注意です。
子育ては体力が必要なので、適度な運動をして体力をつけ、子育ての準備をしておきたいですね。

子供がほしい!妊娠の準備④ 基礎体温を測ろう

出典:www.hirota-kanpodo.com

基礎体温には女性に必要な情報がたくさん詰まっていて、生理の周期に合わせてリズムがあります。

生理初日から排卵直前までが低温期、排卵から次の生理までが高温期。
このような自分の体のリズムを知ることで、妊娠しやすい排卵の時期を判断できます。

基礎体温の測定には、一般の体温計よりメモリが細かい婦人体温計を使い、毎日起床時に同じ時間に舌下で測ります。
生理の日も正確に分かるのでかなり便利!
今から基礎体温を測る習慣をつけて、妊娠の準備しておきましょう。

いかがでしたか?
まずは妊娠するための正しい知識と、健康な体作りをしておきたいですね。
今すぐに子供が欲しいわけではなくても、今からでも準備することが大切です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。