子連れさん必見♪夏休みラストに遊び尽くしたい江の島スポット4選

旅行・おでかけ

夏といえば海。海といえば湘南♪
湘南広しと言えど、この夏特に注目なのは オシャレスポットがいくつも新規オープンした「江の島」。
注目施設はもちろん、ファミリーにおすすめの海遊びスポットまで幅広くご紹介します♪

海が見えるスタバ&J.S FOODIESが今夏オープン♪

出典:nagisabiyori.com

江ノ島カフェと言うと、今までのスタンダードは「Egg's n Things(エッグスンシングス)」や「GARB(ガーブ)」でした。
しかし、なんとこの夏「Starbucks(スターバックス)江ノ島店」と、ファッションブランド「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」が提案する世界のカジュアルフードが楽しめるカフェ「J.S FOODIES(ジェイエスフーディーズ)」が隣同士に相次いでオープン。
いずれも片瀬江ノ島駅から徒歩5分弱、新江ノ島水族館の向かい&海も望める好立地。

とくに「J.S FOODIES」では、4月に表参道にオープンし大行列を生んだ、ニューヨークで人気ナンバーワンのロブスターロール専門店「LUKE'S(ルークス)」のボリュームたっぷりのロブスターロールが味わえるとあって、人気沸騰間違いなし。

また、地元神奈川県産の食材にこだわった江ノ島店限定メニューとして、県のブランド牛「やまゆり牛」を使った数量限定バーガーが登場。また、同じく神奈川県産の希少なオレンジ「湘南ゴールド」を使ったマーマレードソースをサンドしたパンケーキも登場し、早くも話題を呼んでいます。

<Starbucks(スターバックス)江ノ島店>
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-18 江ノ島テラス1F
電話:0466-55-2031
時間:7:00 – 22:00

<J.S FOODIES(ジェイエスフーディーズ)>
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-18-23 1・2F
電話:0466-55-2455
時間:[月〜金] 9:00〜22:00 (L.O. 21:30)、[土] 8:00〜23:00 (L.O. 22:30)、[日祝] 8:00〜21:00 (L.O. 20:30)

子連れでのカフェごはんは「Aloha Table」や「nalu」もおすすめ♪

子連れでカフェご飯を楽しむなら、焼きたてパンの食べ放題が嬉しいレストラン「nalu(ナルー)」や、こちらも今夏オープンの「Aloha Table(アロハテーブル)江ノ島店」もおすすめ。

先述のスタバやJ.S FOODIES(ジェイエスフーディーズ)とEgg's n Things(エッグスンシングス)のちょうど真ん中くらいに位置するレストラン。
この湘南ゴルフリゾート内にあるレストラン「nalu」からは江ノ島の海が一望でき、ママたちに嬉しいソファー席も多数用意されています(念のため、電話での席予約をオススメします)。
ランチタイムに食べ放題となっている焼きたてパンは、種類も豊富。ドリンクバーではオリジナルフレーバーティも楽しめるので、ゆったり優雅な午後が満喫できそう。

「Aloha Table江ノ島店」でチェックしたいのは、江ノ島店限定メニューの「鳩サブレー・ミルクセーキ」。
鎌倉土産として人気の、鳩サブレをメイソンジャーに浮かべた甘いミルクセーキは見た目もキュート。
もちろん、湘南しらすを使ったフードメニューも人気です。

<nalu(ナルー)>
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-17-27
電話:0466-54-8227
時間:10:00〜24:00

<Aloha Table江ノ島店>
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目17−17
電話:0466-24-0531
時間:11:00~22:30

行列必至の「えのすい」は、「あえての夕方から」狙いで♪

海を望むイルカショーが、この時期特に人気の新江ノ島水族館は、あえて夕方からの時間帯を狙うのも夏のおすすめ。
去年大人気だった「ナイトアクアリウム」がこの夏も開催されていて、昼の水族館とは全く違った「幻想的な光の空間」として演出されています。

ナイト、といっても開催時間は17:00~20:00。
まだまだ明るいうちのスタートなので、子連れでも十分楽しめる時間帯。
中でも「お絵かき水族館」は、紙に描いた魚たちが目の前で自由に泳ぎだし、自分の描いた魚と遊んだり餌をあげたりすることもできちゃう、キッズ大喜び間違いなしの企画。
12/25まで開催されています。

<新江ノ島水族館>
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2−19−1
電話:0466-29-9960
時間:9:00〜20:00(最終19:00)

新江ノ島水族館

子連れでの海遊びは、「西浜」がbetter♪

出典:www.cozre.jp

「江の島で海遊び」というと、10~20代の独身男女がわんさか……のイメージが強いようですが、賑わっている様子がテレビなどで映されているのは 実は「東浜」が主。

江の島は島内へ渡る橋の左右で「東浜」と「西浜」に分かれていて、新江ノ島水族館などがある「西浜」側は比較的落ち着いていて観光客もファミリー層などの子連れが多く、かなりの穴場スポットなのです♪

夏に立ち並ぶ海の家も、昔ながらの落ち着くものから人気のカフェタイプまでよりどりみどり。
地元の人たちも多いので、ゆったりとしたひとときを楽しめますよ。

話題スポットが続々オープンの江の島エリア。
実は都心からも好アクセスで、新宿からロマンスカーを使えば「プチ旅行気分」も楽しめます。
しらすなどの海産物などは、お土産にも喜ばれますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。