どうする?両親に不妊報告する際に心がけること

Baby&Kids / Life style

自分が不妊症だと知ったとき、ご本人や旦那さまももちろんショックでしょう。
しかし、跡継ぎや孫を期待している両親に報告するのもまた、かなり心が痛みますよね。
そこで今回はそんなときの心がけについてご紹介していきたいと思います。

北山  愛莉
北山 愛莉
2015.08.03

両親への不妊報告で心がけること① 必ず夫婦揃って

不妊症についてあまり知られていないこともあり、大抵不妊の場合悪いのは女性の方だと捉えられがちです。

もちろん女性の方に原因がある場合もありますが、男性にだって原因が全くないわけではありません。

またふたり揃って原因がある場合もあれば、原因不明の場合もあります。なので、両親に報告するときは必ず夫婦揃っている時にしましょう。

間違っても先走って1人の時に報告しないように心がけてください。

両親への不妊報告で心がけること② 治療

「不妊症でした」と一言だけ報告するというわけにはいきませんよね。

きちんといきさつを説明しなければならないでしょう。
過去にどのような治療を試して、今どのようなことをやっていて、今後このような治療をするということを報告すれば、両方の両親も納得してくれるでしょう。

何もせずに子どもができないわけではないので、孫の顔が見たいなどとずっと言われ続けていて苦しいのであれば、努力をしていることを伝えるよう心がけてみてくださいね。

両親への不妊報告で心がけること③ 理由を伝えるか、伝えないか

出典:news.livedoor.com

不妊の理由を伝えることについては、賛否両論あります。

しかしご両親も理由を知りたいというのが本音かもしれません。

もちろん言いたくない、知られたくないという方もいるでしょう。無理に報告しなくてもよいですが、何か協力してくれる可能性も考えて、まずは不妊報告はした方がいいでしょう。

やはり家族の協力があった方が安心できますよね。

両親への不妊報告で心がけること④ 生活改善

出典:www.maff.go.jp

不妊治療に関しては自分たちだけではなく、両親にも手伝ってもらえるようにお話をしてみましょう。

自分の両親と義両親、両方に協力してもらいましょう。自分たちだけではなく大勢の協力があった方が安心できますね。

そして不妊報告をする際には、まずは生活習慣の改善することも忘れないようにしましょう。病院に行って治療を受ければ指導を受けるはずですが、自分たちで努力することは、とても大切です。

いかがだったでしょうか?
どちらが悪いということはありません。
お互いに相手の両親や自分の両親、パートナーの気持ちを考えてナーバスになってしまうものです。
言った方が気持ちも軽くなったりもするので、変に隠したりせず報告できるといいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。