苦手意識を克服!お姑さんと良好な関係を築くための方法とは?

子育て・ライフスタイル

結婚生活を送る上で、お姑さんとの関係は誰でも気を使い、また時に悩むものです。
100%甘えることができる実母とも、何でも話せる友人とも違う、お姑さんという独特の存在。そんなお姑さんと、上手に関係を築いていくにはどうすれば良いのでしょうか?一緒に考えてみましょう☆

お姑さんと良好な関係を築く方法①苦手意識を持たない

ドラマや本の影響で、どうしても「お姑さん=怖い・意地悪」なんてイメージを抱きがち。独身女性であれば、結婚するにあたりお姑さんがどんな人か、というのは非常に気になりますよね。

昭和の時代であれば、嫁いできたお嫁さんは全面的にお姑さんの指示に従い、自分の意見など通らなくて当たり前、そんな風潮だったようです。

しかし最近では、ドラマ以外ではそんな古風な話はめったに耳にしませんよね。もちろんお姑さんと言っても千差万別ですが、お姑さん世代の女性は以前よりも若々しくオシャレで、自分の時間を大切にされている方が多くなった印象です。

嫁いできたお嫁さんを"待っていました!"とばかりにいじめたり、こき使うなんて古臭いことをわざわざ好んでしたがるお姑さんは、ほぼいらっしゃらないでしょう。

とは言え実母よりはもちろん気を使うし、年齢差もあるので友達同士というわけにもいかない、気軽でフランクなお付き合いというのは少々難しいですよね。

いきなり"お互い心を開いて仲良くしなくては!"と頑張るのではなく、まずは一方的な苦手意識を持たないようにすることが大切。”仲良くしなきゃ”と考えすぎるのは、心のどこかに苦手意識がある証拠です。

一旦頭の中を空っぽにして、お姑さんをお姑さんとしてではなく、1人の女性として見つめてみましょう。それだけではもちろん急に仲良くはなれませんが、苦手意識が取り払われ、よりリラックスして接することができるようになるはずです。

お姑さんと良好な関係を築く方法②旦那さんを育ててくれたことに感謝する

とはいえ、お姑さんと一緒に過ごす時間が苦しかったり、面倒だと感じる方もいるはず。また、実母のほうが好きだなぁ、と感じたり…。

旦那さんと結婚することがきっかけで出会ったお姑さん。どこかで出会い、気が合うから親しくなった友人や、生まれた瞬間からずっとそばにいてくれた実母とは、当たり前ですが親しさが違うのは仕方のないこと。

でも少し考えてみてください。あなたの愛する旦那さんやお子さんの存在は、お姑さんなしでは決して存在することができなかった宝物。今あなたが一生懸命子育てをしているように、お姑さんもかつては旦那さんを必至に育ててきたのです。

あなたが恋をして生涯のパートナーに選んだ旦那さんを、ここまで立派な男性にしてくれたのは、紛れもなくお姑さんなのです。そして何にも替え難い大切なお子さんは、姑さんが大切に育て上げた旦那さんと、あなたとの愛の結晶。

いきなり友人や実母のように無条件に大好き、という感情を抱くことができなくても、旦那さんを育ててくれた女性と考えてみると、お姑さんに感謝の気持ちが芽生えてきませんか?

そんな感謝を日々少しずつでも伝えていくことができれば、もっともっと距離が縮まっていくはずです。

お姑さんと良好な関係を築く方法③プレゼントで感謝の気持ちを伝える

お姑さんには、実母以上に丁寧にわかりやすく感謝の気持ちを伝えることが重要。

実母であれば、お互いかけがえのない存在であることは分かりきっています。しかしお姑さんは、あなたがあれこれ思い悩むのと同じように、お姑さんもまたお嫁さんとの関係構築には気を使い、悩んでいる部分もあるものです。

そんなお姑さんに感謝の気持ちを伝えることで、お姑さんもお嫁さんと上手くやっていけているという安心感を得られるはず。ですので母の日やお誕生日、クリスマスなどのイベントには、高価なものではなくても何かプレゼントを渡すようにしましょう。

大人の女性同士、なかなか本音で向き合うことは難しいもの。プレゼントを渡すという、あまり照れくささもなくストレートでわかりやすい行為は、感謝の気持ちを表現するのにもってこいです。

プレゼントを受け取ったお姑さんもお嫁さんから嫌われていないという確信を持ち、さらに親しくなれるよう距離を縮める工夫をしてくれるかもしれません。

お姑さんと良好な関係を築く方法④良き相談相手=お姑さん?

時に、実母や友人よりも良き相談相手になってくれる頼もしい存在なのがお姑さんです。

普段は気兼ねなく何でも話せる実母ですが、トラブルや悩み事、特に夫婦関係やお子さんに関しては、つい感情的になってしまいやすい実母には相談しにくいことはありませんか?

お姑さんであれば重たい相談事でも感情的にならず、冷静にアドバイスをいただけることも。

実母ほど近すぎない間柄で、でも赤の他人ではないので気持ちも込められている、的確ですが愛のある貴重な助言。それは他の誰でもない、お姑さんだからこそ。嫁姑の間柄、難しい面もありますが、時に素晴らしく絶妙な距離感であると感じられます。

会うたび旦那さんの愚痴をこぼし続けるのは絶対NGですが、旦那さんとの間でどうしても困っていることも、お姑さんに相談すれば意外と解決しやすいものです。

生まれた時からずっと旦那さんを見守ってきたお姑さんは、やっぱり旦那さんのことを1番よく分かっています。旦那さんの良い面も悪い面も知っているお姑さんなら、旦那さんを立てつつも上手に導いていく術をきっと伝授してくれるはずです。

普段は同居でなくても、お盆やお正月にはお姑さんと過ごす時間が長くなります。お嫁さんにとっては少し憂鬱かもしれませんが、適度な距離感で上手に関係を築くことができれば、人生の大先輩であり旦那さんの1番の理解者であるお姑さんは、心強く頼もしい存在になるはずですよ☆
ずっとお付き合いしていくお姑さんとだからこそ、良好な関係で居続けられたら良いですよね。ぜひ参考にされてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。