夏の終わりの美容ケア☆浴びた紫外線をなかったことにできる食材って?

美容

夏の間に浴びてしまった紫外線は、そのままにしておくと将来のシミや老化に繋がる怖いもの。しっかり美容ケアしたいですね☆
私たちが普段食べている手頃な食材の中にアフター紫外線対策に有効な成分を含んだものがありますので、ご紹介します。

あっという間に夏も終わり☆紫外線を浴びた後に美容ケアが必要な理由とは

出典:crossfitmilford.com

夏は降り注ぐ紫外線との戦いです。どんなに気をつけて対策を講じていても必然的に浴びてしまうのが紫外線です。

特に小さい子どもがいると一緒に外で遊んだりもするので、大量の紫外線にさらされている可能性も。既に日焼けしてしまったことを悔やむのはやめましょう。大切なのはその後のケアです。

放置しておくと年齢を重ねた時のシミやシワ、老化の要因にもなってしまうのでこのケアだけは怠らずしっかりとするようにしましょう☆

今回は、手軽に取れる食材でできる美容ケアをご紹介します。

まずは《保湿》でお肌を美容ケアしましょう☆

出典:utterlyruins.wordpress.com

海やプールで強い紫外線を浴びた後、夏なのに肌の乾燥を感じられた方はいらっしゃいませんか?

強い紫外線を浴びると肌が炎症を起こし肌の水分を奪うことから、肌が乾燥してしまうそうです。慢性的な日焼けでも一時的な日焼けと同じ乾燥の症状がでますので、夏でも肌にしっかりと水分補給をすることがまずは大切です。

まだまだ暑いと思っていても季節は夏から徐々に秋へと移り変わります。それに伴い湿度も低くなっていきますので、しっかりとした保湿をすることが肌トラブルを回避してくれます。

浴びた紫外線をなかったことに!美容ケア食材①トマトのリコピン

出典:vectorboom.com

トマトに含まれるリコピンという成分は、アフター紫外線対策に最適です。

メラニン生成を促す活性酸素を抑え、メラニンの生成に関与する酵素(チロシナーゼなど)の発生を抑える働きがあるのだそうです。また紫外線によってできる日焼けの赤みを軽減し、肌のごわつきも抑制してくれます。

リコピンは油との相性がよいので、オリーブオイルなどと一緒に調理すると吸収率が高まりますよ♪

浴びた紫外線をなかったことに!美容ケア食材②サーモンのアスタキサンチン

出典:eatandrelish.com

近年、高い抗酸化力で非常に注目されているアスタキサンチンは、サーモン・エビ・カニなどに多く含まれる成分です。

脳の血管を若々しく保ったり、疲労回復に効果があったりとさまざまなポジティブな働きがありますが、メラニン色素の生成が抑制されるという作用もあるようです。

また、アスタキサンチンは体の内側から肌の水分量を保つのに効果的とも言われているので、紫外線による乾燥にも活躍してくれます。

夏の紫外線をたっぷり浴びてしまったお肌を体の内側から美容ケアできる食材をご紹介しましたが、いかがでしたか?
トマトもサーモンも身近な食材ですよね♪年齢を重ねてもキレイな肌でいるために、ぜひ今から積極的にとっていただければ嬉しいです。