簡単&便利!ツナ缶を使った離乳食のおすすめレシピ4つ

子育て・ライフスタイル

保存も効く《ツナ缶》は、実は離乳食でも大活躍♪油分と塩分があるものなので、量に気をつけて使うことが大事です。
便利なツナ缶を使って簡単に作れる離乳食のおすすめレシピを4つご紹介します。

簡単便利♪ツナ缶を使った離乳食のレシピ①ツナとにんじんのお粥

出典:recipe.rakuten.co.jp

お粥に混ぜるだけなのに、ツナ缶と野菜の旨みがおいしさをアップします♡

《モグモグ期(7~9ヶ月)》

{材料} 1人分
5倍粥   50g
ツナ水缶  10g
にんじん  20g

{作り方}
1.にんじんは細かく刻んでラップで包み、レンジで1分半程加熱する。
2.鍋に5倍粥、ツナ缶、1.を入れ、ひと煮立ちさせる。

モグモグ期の7~9ヶ月頃は、離乳食も大切な栄養源☆たんぱく質が豊富なツナ缶をお粥に加えるだけのレシピで栄養分が増やせます。ただ、水缶でも意外と脂肪分が多いので、摂り過ぎには注意です。

程よい分量でいつものお粥を美味しくアレンジしてみましょう♪

簡単便利♪ツナ缶を使った離乳食のレシピ②ツナとかぶのあっさり煮

ツナ缶は、どの野菜とも相性抜群!大人のおかずにもなるレシピです。

《カミカミ期(9~11ヶ月)》

{材料} 1人分
ツナ水缶  20g
かぶ    50g
だし    100ml

{作り方}
1.かぶは薄いいちょう切りにする。
2.鍋にだしと1.を入れ、大根が柔らかくなるまで煮る。
3.ツナ缶を入れ、ひと煮立ちさせる。

離乳食ではよく野菜の煮物を作りますが、そこにツナ缶を加えることで、ツナの出汁が出てさらに食べごたえがアップします。

熱を加えすぎるとパサついて赤ちゃんの口に残りやすくなってしまうので、場合によってはとろみをつけてもいいですね♪

煮物レシピにぜひ簡単なツナ缶を加えてみてはいかがですか?

簡単便利♪ツナ缶を使った離乳食のレシピ③ツナとひじきのこんがりおにぎり

簡単なおにぎりも、具を混ぜるとこんなにボリュームアップします♡

《パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)》

{材料} 1人分
軟飯   子ども茶碗1杯くらい(100g)
ツナ水缶 20g
ひじき  10g
ごま   適量
{作り方}
1.軟飯に、ツナ缶、ひじき、ごまを加えてよく混ぜ合わせる。
2.おにぎり型に握る。
3.熱したフライパンにおにぎりを並べ、両面に軽く焼き目をつける。

おにぎりも、具材を混ぜるだけでおいしそうに変身しますね♡ツナは水缶でも少し塩味があるので、おにぎり自体に味付けはいりません。

また少し焼くことで、手に持ちやすく、赤ちゃんが自分でもりもり食べられます。ご飯とツナの相性は抜群♪ぜひ離乳食レシピの一つに加えてくださいね。

簡単便利♪ツナ缶を使った離乳食のレシピ④和風ツナうどん

出典:rinyusyoku.net

ワンプレートのうどんでも、ツナ缶と野菜でバランスが保てます。
一緒に煮るだけで、レシピも簡単!

《パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)》

{材料} 1人分
ゆでうどん  3分の1玉(100g)
にんじん   20g
小松菜    20g
ツナ水缶   10g
だし     1カップ

{作り方}
1.うどん、にんじん、小松菜は食べやすい大きさに刻む。
2.鍋にだしを入れ煮立て、1.を入れる。材料が柔らかくなるまで弱火で煮込む。
3.ツナ缶を加え、ひと煮立ちさせる。

パクパク期の1歳~1歳6ヶ月頃は、だんだんと好き嫌いが出る赤ちゃんもいます。「このご飯、おいしそうだな」と思えるように彩りを加えるだけで、食べる意欲も変わってくるものです☆

レシピを一から考えるのは大変…。ツナ缶やストックした野菜を足して、離乳食に簡単に彩りをプラスしましょう♡

ツナ缶は、湯通しして簡単に料理に加えることのできるお助け食材です。風味も加えてくれるので、淡白な離乳食でも味わい深くなります☆
レシピのバリエーションが少なくても大丈夫!手間をかけずに、アレンジを楽しみましょう♪