食品で溢れてない?パントリーを上手に活用した収納のコツとは

インテリア

キッチンの中で一番収納に困る場所と言えば、冷蔵庫と並んで「パントリー」が挙げられます。
一生懸命整理整頓しているのに、なんだか片付かなくてモノがあふれちゃう……。
そんな風に悩みがちなパントリーの収納ポイントについて、ご紹介したいと思います☆

パントリー収納のコツ① キッチンは、主婦の「秘密基地」♡

整理整頓が苦手……
そう言ってサボっていると、キッチン周りはいつの間にか手が付けられなくなるほど、散らかってしまいます。

重い腰がなかなか上がらない人は、まずキッチンとはどんな場所なのか、気分を上げるために考えてみましょう!

たとえば……
キッチンは、いわば私たち主婦の「秘密基地」のようなもの♡
子どもの頃ワクワクして自分だけの空間を作り上げていた時のことを思い出してみて♪

使い勝手が良くて、尚且つそこに立つだけでワクワクしてしまうようなキッチンをつくるために、まずはパントリーの整理整頓を始めましょう♪

パントリー収納のコツ② 食材をストックしすぎていませんか?

秘密基地であるキッチンを快適にすべく、さっそくパントリーの整理整頓を始めましょう♪

でも、キッチンペーパーはココ、コップはココ……と、自分でしまう場所を決めてわかりやすく整理整頓しているのに、なかなか片付かない(>_
場所を決めてもなかなか片付かない原因のひとつは、「ストックのし過ぎ」なんです!

ストックしがちなキッチンペーパーやサランラップなどもそうですが、食品も同じ。
パントリーにしまっている乾物などが増えすぎていませんか?

ストックの量って、目安がないからわからなくてついつい買いすぎてしまいますよね。自分の中での目安をわかりやすく決めておきましょう☆

目安として、専用の収納ケースを決め、それがいっぱいになるようであればストックしすぎ。目で見て判断するようにすると改善しやすいですよ♡

パントリー収納のコツ③ 収納は統一されたケースを使おう♡

では、さっそく収納スタート♪
ここで、整理整頓がニガテな人は、"どんな風に収納をしたらいいの……!?"とつまずきがちですが、そんなときは統一されたケースを使ってみましょう。

まずは、あらかじめパントリーの横幅や立幅、奥行きを測っておいて、それにピッタリのサイズのものを選びます。

段によって収納ケースを替えるのも手ですよ。
また、上部の段の収納は、取っ手付きの収納ケースを選んでおくと、取り出す時に楽チンです。

収納ケースには、マスキングテープなどを使ってラベルを作り、中に入っているものをメモしておくと、使い勝手も良くなりますよ(*^-^*)

パントリー収納のコツ③ 要るか迷ったら「一時保管ボックス」にin!

整理整頓を進めていると、「コレって必要!?それとも不必要!?」と区分できず、分からなくなってしまいますよね。
そういった場合は、「一時保管ボックス」を作って入れておくのがおすすめです。

一時保管ボックスには「○年○月まで!」と必ず記載をし、その期限まで使わなかった場合は処分するようにしましょう。

物を処分するのって、意外と時間がかかってしまうもの……。
でも、期間を決めて慎重に考慮して要・不要を決断すれば、納得して処分できるはずです!

整理整頓って難しい!と思っている方も、まずはパントリーの整理から始めてみませんか?
自分が使いやすいキッチンになると、家事へのモチベーションも変わってきますよ♡