実は盲点!意外と知らない「目」の正しいケア方法、ご紹介します♪

美容

この時期特に強い紫外線や、テレビやパソコン、携帯電話などが発しているブルーライトによって、私たちの目は常に危機にさらされているのです。
お肌やボディのケアはきちんとしていても、意外と目のケアができている方は少ないのが実情。
今回は、今後役立つ「目のケア」について分かりやすくご説明していきます。

目の正しいケア方法① きちんと知ってる?ブルーライトが怖いワケ。

出典:artroot.jp

日頃から常にチェックしている携帯電話やパソコン、それからテレビ。1日に何時間も見ているこれらの電子機器は、ブルーライトを発しています。

このブルーライト、実は紫外線の次に強いエネルギーのある光なんです!

ブルーライトを浴びていると、眠気を促すメラトニンが分泌されにくくなります。そのため、夜中なかなか寝付けない!なんてことも。また体内時計も狂ってしまうことがあり、肥満やうつ病にも繋がりかねないとも言われています。

身近な光でありながら、とても恐ろしい影響がでてしまうこともあるんですね。
ここからは身近過ぎてあまり意識することのない、ブルーライトや紫外線から目を守るための方法をご紹介します。

目の正しいケア方法② ブルーライトを50%カット!JINS PC

出典:news.livedoor.com

累計販売本数が500万本を超えたJINS PC。なんと、これをつけているだけで最大50%もブルーライトをカットできてしまうのです。販売本数からも、その注目度がうかがえますね。

軽くて付けていることを忘れそうになるほどです。カラーバリエーションも豊富なので、自分に合った1本がきっと見つかるはず◎

税抜き3,900円という可愛い価格帯も嬉しいですね!度を入れることもできるので、日常使いも可能ですよ。

紫外線対策にもなるので、外出時にもつけていくことをおすすめします。

JINS PC

¥4,212

販売サイトをチェック

目の正しいケア方法③ 内側から目を守る!取り入れるべき食材は?

メガネなどのフィルターで強い光をカットすることも大切ですが、実は内側からも目を守ることができるのです。目に栄養を与えてくれる食材には、どのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げたいのが、鮭やイクラといったアスタキサンチンがたっぷり含まれている食べ物。
アスタキサンチンには、紫外線を浴びることでできてしまう活性酸素と戦う抗酸化作用があります。更に栄養が目の奥の細部にまで行き渡ると言われているため、効果が期待できます。

同じく活性酸素を除去すると言われている食材には、にんじん、かぼちゃ、ほうれんそうなどの緑黄色野菜があります。

これらの野菜は、「天然のサングラス」とも言われているほど!
身近な食材が多いので、すぐに食卓に取り入れることができそうですね◎

目の正しいケア方法④ ほかにもあった!普段からできる目のケア

出典:www.vogue.co.jp

お肌を紫外線から守ることと同じ意識を、目に対しても持っていれば基本的には大丈夫◎

強い日差しを浴びてしまったときに、たっぷりのボディローションで保湿をするように、目薬をさしたり、目を冷やしたりしてあげましょう(*^^*)

また7cm以上つばのある帽子をかぶるのも効果的。目に入ってくる紫外線の30%程度をカットすることができます!

日陰があれば、すかさずその中へ。
たったそれだけでも、日向に比べて半分近い紫外線をカットできると言われています。

意外と手薄になってしまいがちな目のケア。
一生付き合う大切なパーツだからこそ、日頃のお手入れを忘れずに行いたいものです。
ゲームやテレビでたくさんの光を浴びてしまっているお子様の目も、きちんと守ってあげてください☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。