日傘をさしたくてもさせないママへ。飲む&食べる日焼け止めでUVカット♪

子育て・ライフスタイル

気がつけば8月も半ばで夏真っ盛り!暑い日々が続きますが、日焼け止め対策は順調ですか?
夏休み中の子供と一緒にいると、公園遊びやアウトドアなど外にいる時間が増えますよね!
日傘や帽子以外に実践している私の日焼け止め方法をご紹介致します。

まずは定番の日焼け止めクリーム&スプレーをして☆

日焼け止めの基本の「き」!のこちら。私はクリームタイプとスプレータイプを併用してUVカットをしています。

愛用しているのは

★ソレオ オーガニックス オールナチュラルサンスクリーン
→ノンケミカルで赤ちゃんにも使えるやさしい日焼け止め。SPF30+・PA++なのに、伸びが良くって透明感があります!

★サンカット(コーセーコスメポート) の日やけ止め透明スプレー
→粉っぽくなく白浮きしません♡

スプレーは髪にも直接スプレーできるので、髪のUVダメージにも役立つスグレモノ!メイクの上からも使用できるので、外出先で汗をかいてしまった時や、夕方にシューっと活用しています。

ソレオ オーガニックス 40g

¥2,376

販売サイトをチェック

飲んでUVカット!皮膚科の内服薬「トランサミン」

基本の日焼け止め方法にプラスしてオススメなのが皮膚科にて処方していただいている「トランサミンカプセル250mg」。美白に効く薬としてシミ治療にも使用されている治療薬です。トランサミンには色素沈着を抑制する効果が認められているそう!

皮膚科の薬はやっぱりすごい!

1日2〜6粒ほど飲むだけで、なんだかお肌の調子が良いかも…?と地道な効果がしっかり実感できます。

美白効果以外にも、肌の炎症を抑えたり、美白化粧品で治せない肝斑にも効果あり♪

トランサミンは昔から使われていて、子供の風邪薬にも使用できるほど安全性が高いので安心して内服できるのも嬉しいです。

飲む日焼け止め「ヘリオケア」でUVカット☆

飲む日焼け止めサプリ「ヘリオケア」は今年からチャレンジしている日焼け止め方法です。

外出30分前に服用すると、1カプセルで約4時間の効果が期待できます◎
日焼け止めクリームでは防ぎきれない日焼けも、飲む日焼け止めを飲めば防げるそう!

「シダ植物」の成分を使用しているので安全で、ヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され、最近はクリニックや皮膚科でのお取り扱いも増えています♪

★ヘリオケア ウルトラ D オーラル
★ヘリオケア ウルトラ オーラル
★ヘリオケア オーラル
の3種類がありますが、今の時期は日差しが強いのでヘリオケア ウルトラ D オーラルがオススメ!

特別なレジャーや海に行く日などにはマストになりそう♡

ヘリオケア ウルトラD オーラル 30錠

¥6,900

販売サイトをチェック

自然にUVカットする方法!食べる日焼け止め=フルーツ♡

日焼け止めに効果大なのが、やっぱり「ビタミンC」!
皆さんご存知の通り、メラニンの生成を抑制してくれたり、しみやそばかすに効果があります。

ビタミンCを摂取するには、やっぱりフルーツ!美味しく摂取できるので、一石二鳥なんです。

”食べる日焼け止め”と呼ばれているブルーベリーや、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物がオススメ♡

またビタミンCと一緒に摂ると良いのが、アボカドや大豆、ゴマ、ナッツ類!

これらにはビタミンEが多く含まれていて、日焼けの肌の回復効果が良くなると言われています。

夏休み中の子供と過ごす時間が長いママ。気がついたら、こんがり!真っ黒に…という方も多いのではないでしょうか。
諦めるしかない…とお思いの方、ご紹介したUVカットして日焼け止めを防ぐ方法をぜひ、お試しくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。